« アメリカ・ボストンでの海外演奏を終えて。歌もの編。 | トップページ | アメリカ・ボストンでの海外演奏を終えて。声明~舞楽編。 »

アメリカ・ボストンでの海外演奏を終えて。雅楽アラカルト編。

海外演奏の舞台で、気の重くなるプレッシャーの中、いよいよ、雅楽アラカルトです。

一管づつの説明の後、ソロを少し吹きます。

「アメイジンググレイス」が、壱越調なので壱越調の音取りでいこうとの事でしたが、急遽、龍笛らしい音で、光源氏が吹いた曲とのリクエストが。

光源氏が吹いた曲??bearing

舞った曲や、鑑賞した曲はあるけれど…。

しょうがなくて、迦陵頻の一行を、冷汗と共にアレンジして吹きました。coldsweats02sweat01

壱越調の音取り、そしていよいよ「アメイジンググレイス」を笙、篳篥と演奏しました。

前日のリハで、あわてて前奏をK会長が作り、ざっくりとした感じで合わせて…。

実は、当初この曲を私が吹く予定では無くて。

この旅に来てから、譜面を見てホテルでこっそり手合せを笙のOさんとしてました。

音を出せず、エア笙とエア笛の練習で、これは本当に楽しかったです。

なので、音が出たらどんなんかなぁ、と思い首を突っ込んでたら、K会長に「やり。」の一言で決まりました。

内心、アメリカの人たちの生の反応が知りたくて、演奏したかったので、嬉しかったです。

演奏は、とても気持ち良く、最高でした。

お客様の反応も、とても良くて。

即興とはいえ、自分では中々の満足でした。happy01heart04

後日談で、ホテルのバーでその演奏ビデオを、アメリカ人の店員さんに見せたら「ビューティフル!」と音色を喜んで頂けました。

本当に、この演奏の前夜は、食事も喉に通らず、隠していた自分のネガティブな性格が爆発して…。

ネガティブ祭りとなり、同室のOさんお二人に多大なご迷惑をかけました。

あまりのプレシャーに、笛をやめろという事なのか。まで追い詰められて。

辛いのは、私だけでなく、笙のOさんは楽器自体の状態が悪いのに頑張っておられるのに。

私は、本当に舞台に上がる資格の無い人間です…。weep

その迷いが、少し晴れた「アメイジンググレイス」。sunsun

ありがとう。やっぱり、笛を吹いていたいです。

|
|

« アメリカ・ボストンでの海外演奏を終えて。歌もの編。 | トップページ | アメリカ・ボストンでの海外演奏を終えて。声明~舞楽編。 »

雅楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1057799/25332871

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ・ボストンでの海外演奏を終えて。雅楽アラカルト編。:

« アメリカ・ボストンでの海外演奏を終えて。歌もの編。 | トップページ | アメリカ・ボストンでの海外演奏を終えて。声明~舞楽編。 »