« アメリカ・ボストンでの海外演奏を終えて。雅楽アラカルト編。 | トップページ | 日本に帰れない!!地獄?の2日間。 »

アメリカ・ボストンでの海外演奏を終えて。声明~舞楽編。

休憩をはさんで、2部の舞楽は、声明から始まります。

1部の管絃を一緒に演奏していたメンバーの多くは、お坊様で。

法衣に着替えて、声明士さんに変身されて。

あ~皆さん、お坊様なんだなぁ。いつもより、素敵に見える?shineshine

私は、声明の1曲目の「初伽陀」の伴奏の笛を吹きました。

前日、音の上がり下がりに、神仙の音が入るという、恐ろしい指導を受けて…。bearingsweat01

ぶっつけで、微妙に入れました。

なんとか、無事に吹き終えて、声明が続いて、しばし声の響きに聞き惚れて。notes

散華の舞った幻想的な舞台に、声明と太鼓、鞨鼓、鉦が響いて、いよいよ舞人登場です。

「蘭陵王」です。

これは、助管でしたのでのびのびと吹きました。

舞台が無事に終わり、カーテンコールもして、ほっとしました。coldsweats01

今回は、2回公演で自分のテンションの配分の難しさと、程よい緊張をどう切れさせないかを、もっと勉強しないといけないと思いました。

公演の後、色んな方とお話をして元気頂いて。感謝です。

拙い笛を聴いて頂けて。感謝です。

もっともっと精進して、御縁が有れば、笛の音を聴いて頂きたいです。

K会長、S舞台監督、会のメンバーの皆さん、こんな私にチャンスを与えて下さって、ありがとうございます。

貴重な、大切な舞台経験となりました。

ほっとして日本に帰れると思ったら、地獄の2日間に遭遇しました!!

|
|

« アメリカ・ボストンでの海外演奏を終えて。雅楽アラカルト編。 | トップページ | 日本に帰れない!!地獄?の2日間。 »

雅楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1057799/25362329

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ・ボストンでの海外演奏を終えて。声明~舞楽編。:

« アメリカ・ボストンでの海外演奏を終えて。雅楽アラカルト編。 | トップページ | 日本に帰れない!!地獄?の2日間。 »