« 清水の舞台から、飛び降りる気分です! | トップページ | 夏はやっぱり聴きたい江州音頭♪ »

今更の太宰治さん「人間失格」を読んで。

この前、思うことあって久し振りに太宰治さんの「人間失格」を読みました。

太宰治さん、生誕100年で今更のブームに乗ったみたいで、お恥ずかしい…。

私は、確か中学生の頃、結構はまって太宰治さんの作品を読みまくりました。

しかし、この「人間失格」の記憶は、全くなく、もしかして読んでないのかも。

一番覚えてるのは、太宰治さんが初めて一人称ではない作品に挑戦した、「火の鳥」です。

ものすごく面白くてわくわくしてたら、作者が結末をどうしようか悩んで未完です、、、と有り、落ち込んだ経験が…。

中学生の頃、能力もないのに、自尊心ばかり強くて、人間関係がうまく結べない私に、なんだか、ほっとするお話が多かったなぁ。

ぶつぶつが怖くて、水玉模様すら寒気がして怯えてたら、そんな気持ちもお話に出てて、なんだか救われた気がしました。

どん底っぽいお話も、なんでか面白く書いてて、気が楽になる…。

しかし、この歳で改めて「人間失格」を読んだら、葉蔵の転落ぶりには心底落ち込んでしまいました。

気持ちの乾きっぷりも、はんぱない。

恋愛にも、なんだか全く溺れてないしねぇ。

ひたすら孤独や。

真っ暗など~んとした暗闇しか見えない。

あっさり心中を決めちゃって。

生き残るんだもん。

最後は、なんだか楽しいのかどうかわかんない廃人として、生きなくてはならなくなって。

私は、歳を重ねてなんとか、自分と世間との距離から逃げる生き方を見に付けて。

中学生の頃は、学校も家も友達も、居心地悪かったしね。

そんな私を、小説の世界が逃げ場として助けてくれてたのかなぁ。

なんか、パンドラの箱を開けたみたいです。

もう、しばらく落ち込んでしまいそうです。

|
|

« 清水の舞台から、飛び降りる気分です! | トップページ | 夏はやっぱり聴きたい江州音頭♪ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1057799/30614634

この記事へのトラックバック一覧です: 今更の太宰治さん「人間失格」を読んで。:

« 清水の舞台から、飛び降りる気分です! | トップページ | 夏はやっぱり聴きたい江州音頭♪ »