« もうすぐ迎える奉納演奏会に、思うこと。 | トップページ | 晴れ晴れとした気持ちで、秋祭。 »

ひととせにひとたびを、改めて感じる秋祭、宵宮。

昨日は、近くのお宮さんの秋祭の宵宮でした。

春祭と違って、静かな宵宮で。

また、半年ぶりに、和琴を奉奏させて頂きました。

照明のあまりないご本殿は、より一層神秘的です。

はるか昔の暗闇が、唯一感じられる時でも有り。

和琴を、修復してから奉納させて頂いて、もう、4年位になります。

今年は、祭典が粛々を進む中、ものすごくこの一瞬のありがたさに、涙が出そうになりました。

いつも、感謝の気持ちでいっぱいですが…。

この、ひととせ(一年)に、ひとたび(一度)の、このお祭りに、自分がご奉仕させて頂ける。

ものすごく、心がふるえて。

あ~っ。

もう、何百年、いやそれ以上、このお宮さんは、永い時ご鎮座ましまして。

この秋祭も、大正時代に県社に昇格したお祝いのお祭です。

本当に、気が遠くなる時を重ねて、様々な人達の思いが支えて、この日を迎えられたと思うと…。

しみじみと、秋の夜を感じ、神様のご神徳に深く祈る気持ちでした。

しかし、本当に暗いのです。

パチリが、全く撮れません。

なんとも、雰囲気をお伝え出来ず、残念です。

|
|

« もうすぐ迎える奉納演奏会に、思うこと。 | トップページ | 晴れ晴れとした気持ちで、秋祭。 »

神社・仏閣お参り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1057799/31745604

この記事へのトラックバック一覧です: ひととせにひとたびを、改めて感じる秋祭、宵宮。:

« もうすぐ迎える奉納演奏会に、思うこと。 | トップページ | 晴れ晴れとした気持ちで、秋祭。 »