« なんだかとっても吹きたい曲と出会う。 | トップページ | なんとなく不甲斐ない自分に…。 »

勇気のいる浦島太郎でも楽しい講習会は。

先日、鳳笙・篳篥特別講習会の合奏練習に参加しました。

もう~、今年に入って初めての雅楽練習の参加で。

しかも、多先生や久恒先生が講師でお見えになられてる特別講習会で。

勇気がいるいるでしたが、振り絞りました。

龍笛の講習会がまだなので、???な楽曲も有りでした。

譜面もちゃんと用意してなくて。

でも、頑張って盤渉調の「輪台」と「越殿楽」を吹いて。

舞楽の左舞の「鳥歌萬歳楽」は、全く???でしたが、多先生が笛方チームのところに来られて、拍子をとって頂いて感激。

「ふわぁ~、すごい楽曲やなぁ。」と、これが正直な感想です。

でも、旋律がなんとも切ない感じで、美しいなぁ。

舞が舞われると、幻想的な夢の世界みたいなんやろうなぁ。

あっと言う間に終了して。

笙のOさんが東京からお見えになられてて、お会い出来るのをものすごく楽しみにしてたので、帰りの新幹線の時間までお話しました。

これまた笙方チームのMさんと、Oさんと4人で、尽きること無いお話に花が咲きまくりでした。

もう、今回も参加出来ない位、演奏や、雪で、雅楽会を休みまくってたのですが、皆さんにお会い出来て、たくさん元気もらいました。

雅楽の音色にものすごく惹かれてる自分にも気付いたし。

もうちょい頑張ろう。

次回は、いよいよの芝先生の特別講習会だなぁ。

|
|

« なんだかとっても吹きたい曲と出会う。 | トップページ | なんとなく不甲斐ない自分に…。 »

雅楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1057799/39441724

この記事へのトラックバック一覧です: 勇気のいる浦島太郎でも楽しい講習会は。:

« なんだかとっても吹きたい曲と出会う。 | トップページ | なんとなく不甲斐ない自分に…。 »