« リハーサルを終えて…。 | トップページ | 日本の古き良き調べで。 »

希望の光を求めた舞台は…。

先日、第二回チャリティー音楽祭を無事に開催させて頂きました。
恐ろしい想像通りのハードな自主公演を終えて、ダウンしてましたが、ようやく、心と身体のダメージがましになりました。sweat02

当日は冷たい雨降りの寒い日で…。
しかし足もとのお悪い中たくさんのお客様にお越し頂きまして本当に感謝です。

一部は、地元サークルさんの和太鼓やキッズダンス、フラダンスの熱演で。
お鯰様クラブも、特別出演頂いた舞踊友の会の皆さんに華を添えて頂いて頑張りました。(詳しくは次回に書こうと思ってます。)

そして、今回めちゃめちゃチャレンジした二部の舞台を迎えました。
私は、何が何やら訳の分からない事になってたのですが、ひたすら集中有るのみで。

二部は、日本神話「天之岩戸開きの段」をモチーフに、光を失った天上界の神々と共に地上の民も、闇に嘆き悲しみ恐れながらも、希望を持ち祈り奉げて、光を得てそのありがたさに歓喜する様を創作の舞いと和楽器で表現した舞台でした。

自分の頭の中のイメージをどう表現したら良かったのか、どう人を配置して演じて頂くのをもっと詰められなかったのか…。
課題がたくさん残った感は正直有りますが、なんとか無事に終えられました。
出演者やスタッフの皆さんのお力のおかげです。

15_honban_3
和太鼓奏者のくみこさんと佐伯さんの太鼓の響きで、たくさんの表現をして頂けました。
袖やら演奏中やら近くで聴いてて、あ、すごいなぁ、嵐や、闇や、夜のお神楽や、五穀豊穣の喜びや~、とか感動してました。(上の写メは嵐の場面です。)
前から大好きなくみこさんのお琴も演奏して頂けて嬉しかったな。

日本神話を題材にするなら、そこに必ず雅楽器の音色を入れたくて、笙のOさんMさんの光の降り注ぐ音色に、心が洗われる様で、あ~笙はいいなぁ、と。

創作の光の舞いを美しくキラキラと踊って下さった舞踊家のNさん、今回、御出演をお願いして本当に良かったです。
めちゃめちゃ、ご無理をお願いして一から創って頂いて。
Nさんと舞踊友の会の皆さんの歓喜の舞いも、勇壮で、和太鼓の演奏に踊りをと思ってたのが叶いました。

後、たくさん助けて頂いたくみこ組の皆さん、地元お鯰様のNさんTさん、全然何にもイケてなかったホールに機材を持ち込んで頑張って下さった音響・照明のRさん、皆さん本当にありがとうございました。

私の長年の夢の物語性の有る舞台作りの一歩を踏み出せました。
細かいところを修正して、また、気力体力資金力を貯めて、この演目に取り組みたいです。

お越し頂いた皆さま、本当にありがとうございました。
募金のご協力も本当に感謝です。
事務的な処理が済み次第一部を、改めて東日本大震災復興支援に寄付させて頂きます。
遠い滋賀の地から、東北の復興を願う気持ちが少しでも届きます様に。

終演直後は、記憶がほとんど無くて、無心に笛を吹いたなぁ~、みたいな私でしたが、じわじわと色んな事を反省しております。sweat02
ちょっと完全オフってて回復を待ってましたが、またまた笛に精進したいと思います!

|
|

« リハーサルを終えて…。 | トップページ | 日本の古き良き調べで。 »

横笛日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1057799/54315941

この記事へのトラックバック一覧です: 希望の光を求めた舞台は…。:

« リハーサルを終えて…。 | トップページ | 日本の古き良き調べで。 »