文化・芸術

竹取物語。

篠笛のご指導頂いてた井上真実先生のコンサートに先日行きました。
昨年のコンサートは、残念ながらインフルエンザで行けなかったので、久し振りの真実先生の笛の音色を楽しみに当日を待ってました。

3月9日日曜日、大阪は京橋のクレア東で開催された小鼓&篠笛&切り絵で織りなす幽玄の世界「竹取物語」で。

京橋は久し振りで、わくわくとしてたのですが行った事の無い方面の京橋でした…。
笙のOさんと待ち合わせしてお昼ご飯を食べて、会場で和太鼓奏者のくみこさんと落ち合う事になり…。

一部は切り絵の「名張百景」と共に、真実先生の笛の演奏でした。
なんだか懐かしい風景に、自分の故郷を重ねつつ、真実先生の笛の音にタイムスリップ?異次元へワープした様な切り絵の世界へ入り込みました。
素敵な楽曲で、CDを購入しました。

二部の間に休憩が有りましたが、演奏とMCと楽しませて頂いて。
夢心地で、いよいよ「竹取物語」が始まりました。

美しい切り絵で、物語は華やかに進み、真実先生の笛の音が幻想的に響いて…。
小鼓の音が、より一層神秘的で…。
でも、かぐや姫が月へ去ってしまう場面の笛の音は、美しくて儚くて切なくて。
子供の頃、昔話で読んでた竹取物語が、こんなに胸にくるんだなぁ。weep

ぼ~っとしてましたら終演でした。
素敵な舞台でした。
さすが真実先生、めちゃめちゃ感激でした。shine

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

心しみじみ癒しのひと時。

二月の終わり頃の先日、地元お鯰様メンバーのNさんが頑張っておられるチャリティーバザーに今年も行きました。happy01

今回は、その会の25周年記念でチャリティーコンサートは、音楽法話unit一期一会さんの心しみじみ癒しのひと時でした。

出演者の一期一会さんは、臨済宗妙心寺派の僧侶のお三方で、山梨・広島・和歌山からお見えになられてて。
ギター、ピアノ、パーカッションに素敵な歌声で、御詠歌・唱歌・童謡などを奏でられました。
お三方の優しいお声とお話に、心が温かくふんわりしました。
殺伐とした毎日を過ごし、心荒む事多い自分にちょっと反省で…。sweat02

さすが、御詠歌の素晴らしく美しい事!
コーラスバージョンにアレンジされてて、聴き惚れました。
一曲一曲に、法話をからめられていつもと違う気持ちで聴けました。
Charitei_konsato
母親を連れて来てあげたかったなぁ。
私がもう少し歳を重ねたら、もう一度、聴きたいなぁ。
若かりし頃の流行歌とかに、どんなお話が語られるのかな。confident

コンサート後は、バザーでいいもんも買えました。
お楽しみの一つのお抹茶もよばれました。happy02
Charitei_omatucha
美味しかったです。shine

このチャリティーは、震災で被害を受けた福島の子供達に保養の支援を目的に開催されました。
少しでも、お役に立てたらと思います。

音楽法話、良かったなぁ~。
また、機会が有れば聴きたいです。
お声をかけて頂いて、Nさん、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

民謡はやっぱりいいなぁ。

やっぱり先月の遠い先日、滋賀の安土に在る文芸セミナリヨで開催されました第203回はつらつコンサート「如月の空に響け!!唄と太鼓」をまたまた和太鼓奏者のくみこさんと見に行きました。
Haturatukonsato
こちらのコンサートには、鼓娚でお世話になってます松丸さんが出演されてて。
以前長浜で聴いた民謡歌手の塚田陵子さんと和太鼓津軽三味線の山内利一さんも出演されてて。
こんな豪華なメンバーなのに、無料でした!!happy02

平日でしたが、満員の会場で、唄や和太鼓や津軽三味線や篠笛が鳴り響いて。
民謡や和楽器が大好きな私はう、う、嬉しい。

「淡海節」、最高~。
和太鼓は、これぞ和太鼓と思う「三宅」でした。
すごい迫力で、感激です。
残念ながら座った席が悪くて、松丸さんがほとんど見えなかったのです…。
松丸さんの叩く三宅、好きなんですがね…。weep

びっくりしたのは、こんなハードな和太鼓演奏の後に山内さんが篠笛を吹かれたのです。
息とか整えるの早いなぁ。
指は、じんじんしてないのかなぁ。

大満足で、アンコールも有って良かったです。

終演後、お疲れのところ松丸さんにご挨拶して少しだけお話させて頂きました。
一年ぶり???一年半ぶりかな???
ますますご活躍されてて。
すごいなぁ、と。
いつか、和太鼓と今頑張っておられる尺八や三味線も聴かせて頂きたいなぁ。confident

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

和太鼓の輪が広がるといいな。

ちょっと先月の遠い先日、大阪の交野市で開催されました和太鼓フェスティバルを和太鼓奏者のくみこさんと見に行きました。

鼓娚でお世話になってます佐伯さんが主宰で、佐伯さんのご指導されてる和太鼓チームさんが演奏されるそうで。
「星の里いわふね」が会場でした。

雪が雨になる生憎のお天気でしたが、熱気あふれる公演でした。
満員で、すごいお客様で。

以前お世話になってた和太鼓チームさんもご出演されてて、懐かしいメンバーさんに出会えました。happy01
Wadaikofesu_hosidaiko
バタバタとしていて時間もなくご挨拶程度でしたが、皆さんお元気そうで。
でも、知らないメンバーさんがほとんどでお誘い頂いた控室には行けませんでした。sweat01
演奏されてた曲は、懐かしくてたくさん良い思い出が甦りました。confident

色んなチームさんが、一生懸命太鼓に向き合ってて。
裏方や演奏のサポートや御自身の演奏とで、多分、佐伯さん大変だったろうなぁ…。sweat01

最後に講師とゲスト演奏で、佐伯さんと「蓮風」さんが演奏されました。
Wadaikofesu_gesuto1
いいお声が響いて。
Wadaikofesu_gesuto2
迫力の和太鼓で、会場の温度がまたまた上がる盛り上がりで。
佐伯さんと蓮風さんの和太鼓への情熱がめちゃめちゃ伝わって来る舞台で、お客様も出演者の皆さんも喜んでおられたんじゃないかなぁ。
終演後、お忙しい佐伯さんにご挨拶だけして帰りました。

今回が記念すべき第一回だそうで、この和太鼓の輪が響きが広がり続きます様に。
無事にご成功されました佐伯さん、おめでとうございます、そしてお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

これがエンターテイメントなんかな。

またまた先月の事なのですが、色んな舞台を見て勉強しようと和太鼓のTAOの20周年記念公演「十七人のサムライ」に行って来ました。

たまたま見てたテレビで宣伝されてて…今回は物語性を追求した舞台と言われてて。
物語性の有る舞台に非常に興味も有って。
大阪は、シアターBRAVA!で開催されるとかで…。

今回は、地元お鯰様のTさんと行く予定でしたが急遽ダメになられて、笙のOさんと行きました。
Oさん、和太鼓って大丈夫なのかな…。
私もTAOさんは初めてで、どんな舞台なんやろう…少々不安も有りで。

まずは、腹ごしらえと誘惑に負けてビールをよばれちゃいました。smile

Oosaka_biru
めっちゃ高いところからの大阪の眺めとビール、最高でした。
やっぱり色んなお話で大いに盛り上がり…いい時間になり会場へ。
Oosaka_tao
グッズが販売されてて、すごい人人人。
でっかいポスターとかびっくり。wobbly

今回、見ようか見まいか悩んでて結構ギリギリでチケットを購入したので恐ろしく後ろの席で、高所恐怖症の私は少し気分が悪くなりそうでした。sweat02
ぐ~~~んとすごい角度で舞台が見える…。
でも、冷静に舞台全体が見渡せて、細かいところまで見られました。

魅せる和太鼓、エンターテーメント!?
初心者の私達にも、拍手のタイミングがわかる親切な演奏で。
一曲一曲、きちんと終わられる。
一部で、もう終了かと思われるくらいのボリュームたっぷりな内容で。
練りに練られた舞台でした。
とにかくメンバーの皆さんの動きは、隙が無く美しいです。

衣装は、めちゃめちゃ素敵でした。
Tさんが来られてたら喜ばれただろうなぁ~。
皆さん、スタイルも良くてかっこいい。

物語性は…私にはわかりずらかったかな。sweat01
物語と言うより、イメージ的な感じでした。

和太鼓も色々有るんだなぁ。
面白かったです。
帰りの大阪駅でも、Oさんとビールを飲み飲み語り合いました。
Oさんにも今回の舞台を喜んで頂けて、楽しい一日でした。happy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

民謡はいいなぁ。

先日、和太鼓奏者のくみこさんのお誘いで、くみこ組でお世話になってますHさんと三人で、滋賀の長浜に在る「レストランびわ」で開催された民謡ライブに行って来ました。happy01

美味しいお料理を頂いて、その後ライブを観賞すると言う流れで…。
民謡歌手の方と、津軽三味線と、和太鼓の共演だそうで。
仕事終わりで、電車で長浜へ向いくみこさん達に拾って頂いて向いました。

くみこさんが、差し入れを気にしておられて、私はお知り合いの演奏者が出演されるんだなぁ、なんて聞いてたら…。
なんと、なんと、何回か共演させて頂いた津軽三味線奏者の藤元辰也さんだったんです。
てっきり、共演される山内利一さんが津軽三味線で、藤元さんは太鼓奏者なんだろうなぁ、なんて勝手に思ってました。
チラシ、もらってなかったからなぁ~…うひゃぁ!わかってたら楽屋見舞、買っておくのに!
飲み物とかを差し入れました…。sweat01

Biwa_gohan
到着して、すぐにご飯をよばれました。
ボリューム満点の美味しいご飯でした!delicious
相席した彦根から来られてた御婦人方がとても御親切で、楽しい方々で。
聞くと、山内さんのご指導を受けてる和太鼓チームに所属されてて。
なんと来年、結成記念の自主公演されるそうで、時間が会えば拝見させて頂きたいな。

レストランの二階がライブ会場で。

Biwa_butai
舞台は、こんな感じで。
かなり演奏者の方と近いな。
しかも、レストランスタッフの人に前の席へ行く様に指示されて…。
座ったお席が、スピーカーに近くて失敗しました。
良いお声で歌われると高音域が、耳を直撃で辛かったです。
せっかくの歌なのに、片耳をふさがないといけなかったな…。sweat02

でも、すっごく楽しいライブでした。
民謡歌手の塚田陵子さんは、美しくてお話も面白くて、唄も素敵でした。
お客様との掛け合いも思わず笑いが。
「近江淡海節」、いいですねぇ~。
しみじみとお声に耳をゆだねて…。confident

津軽三味線も和太鼓も聴けて、邦楽好きには最高なライブでした。
終演後、藤元さんにもご挨拶出来ました。
御活躍は、聞いてたのですが、すごいなぁ。

楽しい時間を過ごせました。
また、機会が有れば見に行きたいです。happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

アマテラス。

先月、坂東玉三郎さんの「アマテラス」を京都の南座に見に行きました。
母と姉と三人で。

Amaterasu_kanban
お求めやすい?お席にしたので、上から舞台がぐるっと見渡せる。
わくわくしてたら、始まりを告げる太鼓の音が響いて、神話の世界が広がりました。

玉三郎さんが現れると、舞台が神秘的な輝きが増して、涙が出そうで。
あ~、アマテラスさんや。
遠い三階席でも、そのお顔がくっきりと見る事が出来て、感激。shine

すごく動きを極限にまでシンプルにそぎ落として、なお、目に見えない世界が広がるみたいな。
上手く言えないな。sweat01

でも、初演の匂いたつ様な日本っぽさ?鼓童っぽさ?が、マイルド?になってたと言うのか、少し無国籍様な感じな世界でした。(やっぱり上手く言えないな。)sweat02

アメノウズメさん役の愛音羽麗さんは、さすが元宝塚の男役さんで舞台が華やかで洗練されてて、その美しさに、目が釘付けでした。

個人的には、初演のアメノウズメさんがお気になんですが。
笛の音色も、スサノウさんの太鼓もそうかな。
今回の主な役の方は皆さん華やかで、鼓童の方もかっこ良くて舞台俳優さんみたいでした。

ただただすごくて、圧倒される舞台で、めちゃめちゃ感激しました。
こんな世界が有るなんて、すごすぎる!!
再演が見られて、私は、なんて幸運なんやろ。happy02

しかしながら、やっぱ見てしまうと自分が舞台にチャレンジする事の無謀さと無力さに、落ち込みました。
かなり影響されるんじゃないかな、とか、何もかもが色あせてしまうんじゃないかな、とか。
でも、伝えたい事が根本的に違う様に思えて。
後、こんな豪華な完璧な舞台は、遥か彼方の天上界の世界の事で。
地を這う様に生きてる私には、別世界だもんね。

やれる事やろう。
私が笛を吹いてるのは、一にも二にも神様に祈り奉げたいその思いの手段なので。

終演後のアンコールもすごくて、楽しくて大興奮で、母と姉と夜ご飯食べました。delicious

Amaterasu_bangohan_2
和食好きな母の為に、南座近くの「美美卯」さんです。
これに揚げたてのてんぷらも付いてました♪
美味しいし、ゆっくりくつろいでいっぱいおしゃべりして。

三人でお出かけもいいもんだなぁ。
また、何か、良さそうな公演有ればまた行きたいな。confident

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

一瞬で魂が…。

もう、限界を迎えつつ有る日々を送っております。
来月まで家でのんびり出来ないので、体力と気力がなんとか持つ様に祈るばかりです。
なんで、こんなんになってしまったんやろ。sweat02
多分、ものすごく要領の悪い過ごし方してるんやろうなぁ。despair

先日、勉強の為にびわ湖ホール開館15周年記念コンサートの「MANSAIボレロ」を見に行って来ました。

テレビで偶然この演目を見まして…。

野村萬斎さんが中央で、この世のものと思われぬ存在感で踊り、その周りを日舞の方の一糸乱れぬ群舞が包んでると言う世界観にいたく衝撃と感動が押し寄せてきて…。

生で拝見したいなぁ~、と願ってたら、滋賀県の広報で見つけて、残りわずかなチケットを入手しました。

Biwakohoru_iriguti_3
良いお天気に恵まれて、久し振り?のびわ湖ホールです。

時間がギリギリで、席に着くと開演でした。

今回は、残念ながら群舞は見られなかったのですが、日本センチュリー交響楽団の生演奏で、舞われました。

「MANSAIボレロ」は、狂言の「三番叟」の舞いの振り付けで、不動の静(死)から始まり、復活、再生を描かれていて、夜明けから始まる一日や一年(四季)、一生をも15分間に凝縮されてるそうです。

気迫に満ち満ちた舞に、息も出来ないくらいに緊張感が高まって、それに生のオーケストラの渦の様な音が会場中を駆け巡って…。typhoon

衝撃なラストで、自分の魂も一瞬で違う世界へ飛んで行きました。bearing

すごいもん見れました。(ぞわわっと鳥肌が…。)

拍手が鳴りやまなかったです。

会場の人達が、もう、みんな同じすごい空間にいれたんだと思うと一つになった様で、不思議な感動で…。

魂、持って行かれたな…。

その後、演目が二つ有ったけれど、魂が抜け抜けでしたが、なかなか聴く機会のない西洋の音楽を楽しみました。confident

Biwakohoru_kannai
終って会場を出たら、色んなイベントをされてるのに気付いて。

お腹空いてたし、なんか食べてロビーコンサートでも聴こうかと思ったのですが、すんごい人だかりで、どっと疲れたので帰ることにしました。

でも、まぁ、記念に…。

Biwakohoru_jizakeuatai
一杯200円で味わえる滋賀の地酒をよばれました。

Biwakohoru_osake_2
辛口はこれしかなくて、藤居酒造さんの「旭日」にしました。
空きっ腹に染みる、美味しいお酒で…あ~、幸せ♪

大好物の赤コンニャク、嬉しかったな。

そして…。

Biwakohoru_yurukyara_2
びわ湖ホールのゆるキャラ「にゃんばら先生」を記念パチリです。

ものすごく興奮状態で、帰宅して…。
あ~、お昼ご飯食べ損ねたなぁ…と気付く…。
え~もんばっかし見てたら、少しは痩せるかもね…。coldsweats01

今回、すごい舞台で、めちゃめちゃ感動して勉強になりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

洗練された舞台に。

遠い遠い先日、滋賀の彦根の彦根市文化プラザで開催されました「松竹大歌舞伎 三代目中村又五郎襲名披露 四代目中村歌昇襲名披露」公演を見に行きました。

初の歌舞伎にわくわくで。

Kabuki_kanban
くみこさんとくみこさんのお母様、いつも髪でお世話になってますSさんとご一緒させて頂きました。

始まる前に、ロビーで販売されてたお弁当を買って食べました。

Kabuki_obento
「しる万」さんの幕の内弁当です。

今回はホールで館内での飲食は出来ませんので、特別に作られた休憩所で食べました。

美味しいぃ~~~。delicious

腹もくちくちて、ホールへ入りました。

演目の始めは、「番町皿屋敷」でした。

Kabuki_butai_2
これは終演後に、次の公演に準備されてた舞台が写ってるモニターです。sweat01

怖い怪談を想像してたのですが、若い男女の切ない恋愛のお話でした。

若くて血気盛んなお殿様が、若い女中のお菊さんと恋愛されてたのですが、お殿様に良いとこのお嬢様との縁談話が出て、二人に関係にひびが入って…。

お菊さんが、恋人の気持ちを疑ってしまって悲劇をむかえてしまいました。

お菊さんの心の葛藤の描写が、胸につまってきて。

恋人に疑われたお殿様の無念がダメだしパンチで。

お年頃のせいですかね…涙が出てしまいました。weep

お菊さんなんて、かなり恰幅が良くて最初は…でしたが、その演技に引き込まれました。

あっと言う間、夢を見てる様な舞台でした。

色んな登場人物の気持ちが、自分に入り込んできて。

歌舞伎、すごいなぁ~、と。

そして、襲名披露の口上が有って、面白かったです。

こんなくだけた感じのも有るんだぁ。

最後は、三代目中村又五郎さんと四代目中村歌昇さんの「連獅子」でした。

すごい迫力で踊られてて、見入ってしまいました。

間に、コミカルな面白い場面も有ったりで、飽きさせないなぁ~。

毛ぶり、生で見て美しさと迫力で感激でした。

何から何まで初心者でしたが、めちゃめちゃ楽しかったです。happy02

歌舞伎、伝統芸能って素晴らしいなぁ。

歴史と新たな魅力を感じられて、すっごいエンターテーメントでした。

洗練された完成した舞台に、ただただうっとりでした。

表現することの重さと責任をひしひしと感じて勉強になりました。

少しずつ、歌舞伎を楽しめたらと思います。

なかなか敷居が高くて、気後れしてしまうんですが。

大先輩のSさんが色々と教えて下さって、スムーズに観賞出来ました。

歌舞伎グッズも、自分用に買いました!

感動して興奮して、彦根の「たねや」さんでお茶して帰りました。

Kabuki_taneya
アイス抹茶です!

皆さんと、お話が弾みに弾んで、楽しくて素敵な一日を過ごせました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

星空につつまれた舞台。

先日、知人のNさんがご指導されてます舞踊会の発表会を拝見しに、滋賀の甲西文化ホールへ行って来ました。

草津線、なかなか良い電車がなくて少し遅れてしまいました。sweat01

Kousei_kaijyou
会場は満席で、立ち見のお客さんもたくさんおられて。

次々と曲が流れて、様々な踊りが見られました。

皆さん、可愛かったり、儚かったり、艶っぽかったり、勇ましかったり、と色んな踊りの表現で、素敵でした。shine

一曲、一曲の物語を見てる感じです。

Nさんのご指導の賜物ですね。confident

以前ご一緒させて頂いた子供さんが、美しい娘さんになられてて、びっくりです。

こんなお若い世代の方々が、日本の文化を守り続けて精進されてるのが嬉しかったです。

そして何よりすごいなぁ~、と、思ったのが、Nさんの踊りの美しさで。shine

発表会は、お弟子さんのお世話で大変なのに、きちっと舞われておられる。

私も、会場のお客様も、皆さんみとれてて。

どの踊りも素敵だったのですが、ゲストの宝海大空さんとの共演のをパチリしました。

Kousei_butai
七夕にぴったりの「星空につつまれて」という演目で。

織姫さまと彦星さまの幻想的な舞踊で。

うっとりして、夢の様な世界で感動しました。confident

「美し松の伝説」の松尾大社のお使いのわらべ舞も、良かったなぁ。

Kousei_mikumoondo
最後は、Nさんが振付でご縁が出来た「三雲小唄」でフィナーレでした。

素敵な発表会、お誘い頂きまして感謝です。

Nさんのますますのご活躍をお祈りしてます。

また、いつか、ご一緒させて頂けるのを楽しみにしています。happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧